« 駐車場業の収入高、前年比5.2%増 自転車対策条例で、ますます需要増か | トップページ | 日本ペンクラブ、Google と「図書館プロジェクト」で合意、著作権問題などの協力関係を構築へ »

2015年10月 3日 (土)

「平等に分ける」落とし穴 -全解決!遺言?遺産相続の困り事【2】


(プレジデントオンライン)

PRESIDENT 2011年12月19日号 掲載

----------

■山田家の場合
――父の遺産は自宅(評価額3000万円)のみ。自宅は山田さんが居住中


山田さんは同居していた父の死後、唯一の財産である自宅を兄と2分の1ずつ共有名義で相続し、その家に住み続けていた。3年後に兄は職を失い、山田さんに「自分の持ち分を買い取ってほしい」と言ってきた。山田さんにそれだけの貯金はなく、自宅を売って兄にお金を渡すことになってしまった。

----------

たった1軒の自宅を兄弟で“平等”に分けるため、共有名義にして持ち分を法定相続分どおりにするケースは少なくない。

山田さんの場合も、兄が相続のときに「法定相続分どおりに分けたい」と主張したため、自宅を半分ずつ共有名義にすることにした。

だが、不動産を共有名義にすると、後で問題になることが多い。

共有名義の不動産は、全員の合意がないと建て替えることも売ることもできない。このケースのように共有者のうち1人が換金したいと思っても、共有名義の持ち分だけ買ってくれる人はまずいないので、ほかの共有者が買うか、一緒に売るしかなくなってしまう。また、維持管理費用の負担や修繕をめぐっても Beats by Dr.Dre専門店 -ステファンカリー バッシュることもある。

さらに大変なのは、共有者が亡くなったときだ。そのときは、配偶者や子どもが相続することになる。そうすると、甥や姪と共有することになったり、さらに、次の世代になると、いとこ同士が共有することになってしまう。関係が疎遠になるうえに人数がどんどん増え、ほとんど会ったこともない人たちが1軒の家を共有することになって、建て替えや売却の話し合いも困難になるだろう。

共有にすれば、そのときは仲よく分けた気になるかもしれない。だが、実は問題を先送りにして、さらに複雑化させているだけだ。

相続した不動産を分けるには、一般的に4つの方法がある。

(1)現物分割……不動産をそのままの状態で分割する方法
(2)換価分割……不動産を売って売却代金を分割する方法
(3)代償分割……不動産を相続した人が、自分の預貯金などを使ってほかの相続人にお金を渡す方法
(4)共有……不動産を共有名義にする方法

(1)の現物分割は、土地が狭いと分けるのが難しく、建物は分割できないという問題がある。

(2)の換価分割ができれば平等に分けることができるが、その家に住んでいる人がいれば売るのは難しい。また、家族の思い出が詰まった自宅なら、できれば売りたくないと思うのが人情だ。

また、(4)の共有は前述したような問題があるので、近いうちに売却するのが確実な場合や、親子で共有する場合を除き、極力避けたほうがいい。

意外と知られていない方法だが、(3)の代償分割なら財産をある程度、平等に分けることができる。ただ、たとえ小さな自宅でも、金額はかなり高くなるので、多額の資金が必要になってしまう。たとえばこのケースのように自宅の評価額が3000万円、相続人が兄弟2人の場合で、自宅を弟が相続するのなら、2分の1にあたる1500万円を弟が自分の預貯金から兄に渡せば、法定相続分どおりに分けられることになる。

「そんなにたくさん払えない」と思う人も多いだろうが、高額の自宅を住宅ローンも払わずに手に入れるのだから、それなりの負担をするのは当然、という考え方もできるだろう。渡す金額については、法定相続分どおりにする必要はなく、兄弟が話し合ってお互いが納得できる金額にすればいい。

なお、不動産をいったん共有名義にすると、簡単に単独名義に変えることはできない。贈与すれば贈与税がかかるし、交換や売却したりすれば譲渡税がかかり、ほかにも不動産取得税、登録免許税なども必要になるからだ。

不動産の相続については、遺産分割協議のときに慎重に分け方を決める必要がある。また、すでに兄弟姉妹で不動産を共有している人は、なるべく早いうちに共有を解消する方法を検討したい。

(灰谷健司(三菱UFJ信託銀行 トラストファイナンシャルプランナー)=取材協力 有山典子=構成)

« 駐車場業の収入高、前年比5.2%増 自転車対策条例で、ますます需要増か | トップページ | 日本ペンクラブ、Google と「図書館プロジェクト」で合意、著作権問題などの協力関係を構築へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2079555/61889039

この記事へのトラックバック一覧です: 「平等に分ける」落とし穴 -全解決!遺言?遺産相続の困り事【2】:

« 駐車場業の収入高、前年比5.2%増 自転車対策条例で、ますます需要増か | トップページ | 日本ペンクラブ、Google と「図書館プロジェクト」で合意、著作権問題などの協力関係を構築へ »